すばる介護センター 倫理規程



 介護保険法に基づく要介護・要支援状態にある高齢者の方々等が、住み慣れた在宅での自立した生活を、人としての尊厳や権利が守られつつ維持・継続していくことは、当然守られるべき権利です。
私達、介護保険指定事業者においては、利用者様個々人のニーズを満たし、利用者様が主体的に自立した生活をしていくための援助・支援をその業務にしているという性質上、生活への密接な関与が想定されることから、倫理的自覚を持った事業運営が強く求められています。
そのために私達は、利用者様への様々な情報を提示した上での自己決定を尊重し、質の高い利用者様本位のサービス提供や地域の関係諸機関との連携を密接にしながら、在宅生活に必要なハードとソフトを整えることを重要なことと捉え、私達、介護保険指定事業者及びその従業員一人一人が、意識の持ち方を自覚し、常に利用者様の生命や尊厳、権利等を尊重した以下に記す事項を堅持し、確固たる信頼関係を構築した援助・支援及び介護サービスの提供に努めます。


  1. 私達は、利用者様の基本的人権の尊重を前提として、人としての尊厳そして権利を大切にし、利用者様の性別、年齢、出生、家庭状況、人種、信教及び信条、能力、認知症を含む障がいの程度等あらゆる理由において差別をすることなく、公平・公正且つ誠実に対応します。


  2. 私達は、利用者様の主体的な意思、個別性を尊重し、自己選択や自己決定が出来得るように、提供するサービスについての説明責任を負うとともに、関連する情報を提示し、利用者様のサービス利用を援助・支援します。


  3. 私達は、利用者様の人権及び権利を擁護する視点に立ち、利用者様への暴力的行為、暴言、精神的抑圧行為等あらゆる権利侵害を行わないとともに許しません。


  4. 私達は、利用者様やご家族様の個人情報に接する機会が多いことを常に理解し、その取り扱いに細心の注意を払い、職務上知り得た個人情報を、職を離れた後も含めて漏らさないことを厳守し、利用者様及びご家族様等のプライバシーを守り、これを侵害しません。


  5. 私達は、利用者様が住み慣れた在宅での生活が維持・継続可能となるように、ご家族様も含めて近隣の地域の人々の理解が得られ、利用者様が自己の権利や意思を主張出来得るように配慮することに努めます。


  6. 私達は、利用者様が地域における保健・医療・福祉の各サービス等の資源を活用・利用出来るように、各関係諸機関との適切な連携を図るようにして、利用者様の自立した在宅生活の維持・継続に寄与するように努めます。


  7. 私達は、利用者様への的確な援助・支援、介護サービスの提供を行うために、自己評価及び相互評価等の必要性を認識し、専門性や技術の資質を磨き、倫理の確立・向上に向けての自己研鑽に努めます。


  8. 私達は、利用者様やご家族様等の苦情や要望、他者からの批判や助言等に対して、それを謙虚に受け止め、真摯な対応を心掛けるとともに、サービス等の改善及び質の向上に努めます。

 私達、介護保険指定事業者及びその従業員は、上記事項を踏まえ、利用者様への援助・支援、その介護サービス等が片務的になっていないか、或いは利用者様の自立支援に貢献しているか否かについて、利用者様の視点に立って、常にこれをモニタリングし、また、当倫理規程に反する行為に対しては、従業員相互にこれを看過せず、その改善に努めることを責務とします。




有限会社  すばる介護センター

代表取締役社長  錦織 里枝子